スポ魂 - SPOKON
2022 5

国士舘大学

Facebook Twitter

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2022年05月11日

斉藤立選手が初優勝 柔道?全日本選手権 ※5/11更新

柔道部(男子)

体重無差別で柔道の日本一を決める全日本選手権が4月29日に日本武道館で開催され、本学柔道部の斉藤立選手(体育学部3年ー国士舘高校)が初優勝を果たしました。

 

2回戦から登場した斉藤選手は順当に勝ち進み、準決勝では五輪2大会連続代表の原沢久喜選手を撃破。迎えた決勝では昨年の世界選手権の王者である影浦心選手を15分に迫る激闘の末、体落としで技ありを奪い日本一の座を掴みました。

試合後のインタビューでは報道陣に対し、「多くの人に支えられて柔道ができていると感じた」と感謝の言葉を口にした上で「自分はまだまだ挑戦者。何が何でも勝ち続けていくつもり」と決意を新たにしました。

 

斉藤選手は1984年ロサンゼルス?オリンピック、88年ソウル五輪で男子95キロ超級を連覇した故?斉藤仁本学教授の次男で、史上初となる親子2代での全日本制覇となりました。

また、今大会での優勝を受け、10月にタシケントで実施される世界選手権の男子100キロ超級代表に選出されました。

男子代表の鈴木桂治監督(本学体育学部教授)は選考理由について、 「全日本選手権や昨年の国際大会での優勝を大きく評価した。 原沢選手や影浦選手に勝ち、内容も代表にふさわしい」とコメント。 パリ五輪の出場を視野に今後の活躍が期待されています。

※5/11写真を追加更新しました。

CLUB LIST

?